「ほっ」と。キャンペーン

こんなに遠くまで。。。Manznar強制収容所 その1

Death Valleyから私が運転して行けそうな所で選んだ場所が
ここManznar強制収容所です。
第二次世界大戦中に日系アメリカ人が収容されていた場所です。
Death Valleyから 1番近い町のLone Pineと言う所に泊まりました。
朝起きてフリーのブレックファーストを食べに行ってみると。。。
あんまし食べるもの無かったなぁーヨーグルトとオレンジジュースと
e0183383_17045866.jpg
このアメリカンなベーコン。。。
1枚トライして見たけど カリカリ過ぎて食べれません。


そこの窓からその日の朝の気温を見てみると36そりゃ寒いわ。
e0183383_17062533.jpg

昨日は夜遅くってクタクタだったので気付かなかったけど
モーテルの前には 牛がたくさんいました。
e0183383_17073572.jpg
お客さんの中には写真を撮りに行く人も居ましたよ。
ブレックファーストがあんましだったのと オープン時間を
勘違いしていて時間があったので持参していたどん兵衛を食べて
そろそろお時間 開館前に写真撮影もあるので少し早めに出発。


Lone Pineを出て10分位北に向かうのですが すぐになぁーんにも
無くなって あれ?通り過ぎちゃったのかな?と思い車を
止めて場所をチェックしてみると
まだ先のよう そのまましばらく走って行くと左側に見つかりました。
e0183383_17084570.jpg
左を曲がるとManznarのサインがあります。
このサインを左に曲がり そのまま少し走るとManznar National
Historic Siteの
看板がありその後ろに駐車場がありました。


もちろんまだ開館前なので車もちょびっと 多分ここで
働いている人の車ですよね。
他に観光客の人も居ない様だし
e0183383_17110253.jpg

朝の空気も気持ち良いので車を止めて 写真撮影と地図を確認
下のボックスにはフリーの地図が貰えます。
e0183383_17094775.jpg
そうしているうちに開館する為に 外に出て来たスタッフのおばさんが
先に外を回るよりも 記念館の中で映画や資料を見てから
行ったほうが良いわよ。と勧められました。



まずドアを開けて出迎えてくれたのは
e0183383_17115717.jpg
このおかっぱの女の子


お土産やさんを通り過ぎて まずは映画を見ようと映画館へ。。。
さすがに開館したばかりで 誰も居ません。
スタッフの人に何時に上演するの?と聞いて見たら
今すぐ上演するわよ。とここ良く映画館に来てくれてスイッチオン。
えっ!私だけしか居ないけど。。。良いの?と言ったら
贅沢に映画館を一人占めしてちょうだい。と言われちゃいました。
上演時間は30分位で Manznar強制収容所の歴史を
紹介してくれます。


映画館を出て資料館へ 入り口に募金箱
e0183383_17165977.jpg
ここは一応National Parkなのですが入場料はとりません。
なので寄付をします。


中には色々展示されて居て その当時の事が説明されていたり
e0183383_17173406.jpg


収容されて居た人達からのお話が書かれていたり
e0183383_17181637.jpg

このダンスパーティーの写真を見るとその当時日本人だけでは無く
e0183383_17190881.jpg
日系アメリカ人の人 両親のどちらかがアメリカ人のハーフの人も
ここに収容されて居たんだと改めて気付かされます。



子供達のおもちゃや どんな風に強制収容所の中の学校で
子供達が勉強していたか
e0183383_17195576.jpg



その当時の部屋を再現したりして居ます。
e0183383_17204726.jpg


レーガン大統領の演説のビデオもありました。
e0183383_17215382.jpg

そうやって中まで進んで行くと 最後にはその当時の収容されて
居た人達の名前が1面に書かれていました。
e0183383_17223091.jpg
実はここに行く前に 知り合いの人にManznarに行くの。
と話をしたら
あそこに私の名前も書かれてるのよ。と教えて貰ってました。
残念ながらその人の名前は見つける事ができませんでしたが
そこにはビジターノートがあり 英語や日本語もありました。
私も せっかくなのでコメントを残しちゃった。
資料館も満喫させて貰い 外のAuto Tourへ向かいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
ランキングに参加しています

[PR]
by mmbambi1010 | 2017-01-21 17:44 | 写真で見るアメリカ旅行 | Comments(0)