2017年 06月 08日 ( 1 )


Seqouia National Parkの一人様旅行1日目は無事に終わったと
思ったのですがそうはいきませんでした。
e0183383_17052244.jpg
モーテルに着いてから部屋の鍵は壊れて 部屋に閉じ込められたり
Wifiが部屋では無く ロビーじゃないと使えなかったりと
e0183383_17054904.jpg
色々ありましたが 旅にはハプニングがつきもの。。。
明日に備えてこの日は早めに寝る事にしました。


次の日は Crystal Caveへゴー
今年はこの日からツアーが開始 しかも私は朝一番でオンラインで
予約していましたよ。
この為に今回の旅行が1週間伸びたのです。
前日にCrystal Caveの入り口をチェックしていました。
そこからくねくね道をドライブして時間がかかるので
予約時間の1時間前に そこに着いていたんだけど
その日からツアー開始だけあって道の入り口は
e0183383_17085321.jpg
まだCloseされておりました。
私の他にも一台車が待っていたので 私も写真撮影しながら待つ事に
e0183383_17131921.jpg
ようやっと9時になり レンジャーさんたちの車が到着!
e0183383_17143784.jpg
Good Moring!と声をかけて頂いて レンジャーさんの車に続いて
Crystal Caveのくねくね道を走ります。
朝一番で誰も反対車線から来ないので
狭い道でしたが安心して走れました。
それからくねくね道を20分位かけて Crystal Cave入り口付近に
到着です。
e0183383_17155292.jpg
朝の9時半ごろでしたが あたりには霧がかかってました。


まずはこの辺を記念撮影!
e0183383_17164160.jpg
小ちゃなオフィス 私はオンラインで予約したのでここで
紙のチケットを作ってもらいました。


Caveの説明に
e0183383_17180376.jpg
e0183383_17203389.jpg
近くにはクマが車を荒さない様に Food Storageがありました。
ここに皆さん食べ物を保管してましたよ。


ツアーの時間は1時間位なので
e0183383_17211166.jpg
ここでお手洗いも済ませておきます。
ここは ちゃんとトイレットペーパーありましたよ。笑


そして時間が来て レンジャーさんのお兄さんがCaveの
降りる前に少し説明をしてくれます。
e0183383_17294714.jpg
お兄さんにチケットを渡して 靴を消毒してからオフィスの前を通って
Caveの入り口まで皆んなで降りていきます。


この通り道に生えてる植物には毒性の物もあるので歩いている間は
e0183383_17272881.jpg
むやみに触らないでね。とレンジャーのお兄さんが説明してくれていたんで
触らない!触らない!


微かに川のせせらぎが聞こえて来ましたよ。
e0183383_17313764.jpg
空気も清々して気持ち良いです。


1/2マイル位降りて行くと 今度はレンジャーのお姉さんが
私たちを待っていました。
e0183383_17330621.jpg
そして少し説明を受けて Caveの入り口に向かいます。

入り口に蜘蛛の巣の扉が閉まっているのですが レンジャーのお姉さんが
誰がボランティアで開けてくれる子供はいませんか?と
e0183383_17350272.jpg
オファーして の私の後ろに居た女の子がボランティアする事に
良いなぁ〜。
そう言えばCaveの上の入り口付近で自撮り棒持っている人がいたので
そのまま下に持って行ったら 下の入り口で持ち込めないと言われましわ。
カバンも持ち込み禁止なので車の中に置いてきた為
服のポケットにも入らず 入り口のベンチに置かせてもらいました。
帰った時に自撮り棒を受け取った時には 他にもバックパックとか
置いてありましたね。私だけでは無かった様です。


もう随分昔にカールスバッド鍾乳洞に行った事があるので
アメリカのCaveは経験済み。
e0183383_17452968.jpg
だけど ここCrystal Caveはもっとこじんまりしてて面白かったです。

頭がぶつかりそうなくらい狭い道や 細い道も歩きましたよ。
e0183383_17463720.jpg
レンジャーのお姉さんも素敵な方で色々とCrystal Caveのお話を
各ポイントで話してくれました。
e0183383_17471641.jpg
写真は暗いのでうまく撮れませんでしたがね。
Seqouia National Parkには知られているだけで240Caveがあるのですが
ここはインディアンの人の所有地で一般に公開されているのは
このCrystal Caveのみ。


最後のポイントで レンジャーのお姉さんがこのCaveを最初に発見した
インディアンの人達は明かりもなく 怖く無かったのか?
私達もその当時の暗さを体験してみましう!
e0183383_17483068.jpg
全部のライトを消して 暫くの間静まり返った暗闇の中を体験しました。
暗闇の中でマーブルのキラキラはどんな風に見えていたのでしょうか?
インディアンの人達にとってCaveは秘密の場所でも有り
又 インディアンの人達が亡くなった後 ここに密かに埋葬していた様です。
e0183383_17511387.jpg
そんな不思議なお話しを聞いてCaveを後にしました。

行きしなは後ろに人も居て みんな急いでいたのであんまし写真が
e0183383_17520132.jpg
e0183383_17545310.jpg
e0183383_17585436.jpg
撮れなかったので 帰りはお気楽に記念撮影です。
今日が最終日 運転も少し疲れたので今日はシャトルを使う事にしますよ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
ランキングに参加しています。

[PR]